多重債務 解決
金田一少年の事件簿NAVI
『金田一少年の事件簿』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
登場人物
金田一一
きんだいちはじめ

声優
松野太紀
山口勝平(劇場版第1作のみ)

キャラクター解説
主人公。成績は最低、スポーツも全くダメな上に、遅刻、サボリ等の常習犯だがIQ180(日本人の平均IQは100程度。180は0.01%以下の確率)の天才。名探偵、金田一耕助を祖父に持つ。私立不動高校2年。ミステリー研究会・演劇部所属(但し、演劇部は美雪の手伝いで合宿に参加しただけなので正式に所属しているのかは不明。また、設定では不動高校は文化系の部活の掛け持ちは校則で禁止されていることになっているが、何故か掛け持ちしている)。実は、同高校の入学試験を開校以来トップの成績で合格している(しかし、2年への進級時の成績は落第寸前であった)。美雪には「友達以上、恋人未満」の様な幼馴染み以上の感情を抱いているが、第1期の最終回ではキスをしたため、いくらか進展している。普段はかなり抜けたところのある普通の高校生だが、事件が発生すると一転、祖父譲りの抜群の推理力と正義感をもって事件を解決に導く。決め台詞は「ジッチャンの名にかけて!」・「謎はすべて解けた!!」。金田一の推理方法は地道に証拠(状況証拠が多い)を集めていく単純なもの。そのため、途中までは犯人の術中にはまり、思惑通りの推理をしてしまうこともある。また、しばしば金田一は(意図的か)容疑者にうっかり口を滑らせ、自白同然の口述をさせることもあり、そのときには「その言葉で完全に墓穴を掘ったぜ」などと口にする。その他に、証拠の偽造をなどをして、自白させることもある。友達想いで、同年代の女性に好かれやすい性格である。趣味はテレビゲーム(徹夜する事もしばしば)、卓球。また、スリの手腕と祖父から習ったマジックの才能もある。運転している描写はないが、母親にバイクを買う事をねだった事があるので、普通二輪免許を持っている可能性がある。第I期最終回で何者かから手紙を受け夏休みに一人で旅へ出る(2004年の短期集中連載にて送り主が高遠遙一と判明)。ドラマ第4シリーズでは普通の高校生で、「じっちゃん」嫌いという設定になっている。誕生日は8月5日で獅子座。身長170cm(最新の公式ガイドブックより。週刊連載時代のガイドブックでは167cmと記載されており、第I期最終回でも170cm未満である事が分かる台詞がある)、体重58kg。血液型B型、足のサイズ25.5cm、視力は左右とも2.0。戸籍は埼玉県。名前を縦書きにすると「金田二」のように見えることから、初期にはよく名前を「キンダニ」と間違えられた。また意図的に「カネダイチイチ」と言われた事もある(原作第一話)。また、本気で「カネダイチイチ」と言われたこともある(小説第四話)。
出典:Wikipedia
七瀬美雪
剣持勇
明智健悟
俵田孝太郎
長島滋

漫画アニメNAVI
YAWARA! ナニワ金融道 モンキーターン AKIRA め組の大吾 ヒカルの碁 Dr.コトー診療所 魁!!クロマティ高校 アップルシード YAIBA 金田一少年の事件簿 うる星やつら 修羅の門 電影少女 新世紀エヴァンゲリオン GTO 花より男子 MONSTER バガボンド 超獣機神ダンクーガ

金田一少年の事件簿NAVI
恋愛ゲーム 雛人形・五月人形 化粧品・コスメ カードローン 漫画 探偵