多重債務 解決
金田一少年の事件簿NAVI
『金田一少年の事件簿』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
登場人物
高遠遙一
たかとおよういち

声優
小野健一

キャラクター解説
関与事件:魔術列車殺人事件、速水玲香誘拐殺人事件、露西亜人形殺人事件、金田一少年の決死行、獄門塾殺人事件。殺害数:(原作)7人(ドラマ版)4人(安岡真奈美、神山、氏家貴之除く)。殺害未遂数:2人(狩谷純は、変装とは言い切れない美雪と香胡蝶によって一命を取り留める。濱秋子は、瀕死の氏家に阻止され殺害失敗。)。「魔術列車殺人事件」に初登場し、事件の真犯人でもあった人物。「犯罪芸術家」を自称する、一の宿敵ともいえる冷酷な男。別れ際によく「GoodLuck」という言葉を使う。「地獄の傀儡師(じごくのくぐつし)」を名乗り、他人の犯罪に手を貸して芸術犯罪を実現させることを目論むが、その人間が犯行を自供した場合(本人いわく「“芸術”を台無しにした場合」)は自ら容赦なく手を下す。もとは「幻想魔術団」のマネージャーであり、母親は同魔術団の前身「近宮マジック団」の団長で天才マジシャンの近宮玲子。しかし、近宮は魔術団員たちに殺されており、高遠はその復讐心から「地獄の傀儡師」と化し、「魔術列車殺人事件」において母を殺めた4人を殺害した(うち1人に関しては直接手を下していない)。当初は非常に弱気な態度をとっていたが、自身の犯行を見破られると態度を一変、その恐ろしい本性を表した。このとき犯人として一度捕まったのだがすぐに脱獄しており、他人に殺人を教唆するのはこれ以後のこととなる。第I期最後の事件で一に逃亡作戦を暴かれ、逮捕されたが、その後も何故か一に手紙を送りつけている。さらにその後、2005年のシリーズでは留置場の壁に「GoodLuck」と書き残して再度脱獄。2006年シリーズ「獄門塾殺人事件」で金田一・明智の前に姿を表した(姿こそゴムマスクを被り他人を偽っているが、金田一に自分を思わせるような言動をとるなど不可解な行動をとっている)。一が金田一耕助(ジッチャン)の名ではなく、自分自身のプライドにかけて捕まえると誓った唯一の人物。アニメ版・原作版では、初登場時に眼鏡をしているが、ドラマの初登場時では、本来の高遠(眼鏡無し)らしい容姿をしている。23歳。
出典:Wikipedia
パトリシア・オブライエン
速水玲香
いつき陽介
佐木竜二
金田一二三
怪盗紳士
村上草太
美浦エミリ
真壁誠
結城英作

漫画アニメNAVI
YAWARA! ナニワ金融道 モンキーターン AKIRA め組の大吾 ヒカルの碁 Dr.コトー診療所 魁!!クロマティ高校 アップルシード YAIBA 金田一少年の事件簿 うる星やつら 修羅の門 電影少女 新世紀エヴァンゲリオン GTO 花より男子 MONSTER バガボンド 超獣機神ダンクーガ

金田一少年の事件簿NAVI
恋愛ゲーム 雛人形・五月人形 化粧品・コスメ カードローン 漫画 探偵